めげない! しょげない! 泣いちゃだめ〜#

 今年の春も、HDDが妙なことになってしまった。
一昨日だったか、約1年ぶりにあの方にメールを送信してから
少々サイト巡回したのち、iBookをお休みさせたら
そのまま植物状態に陥ってしまったのだ。
Boot画面でリンゴマークと回転ギアが表示されたあとMacOS起動、とここまでは良かったが、
Finderが出ない。。

しかも、もうお別れしたはずの”死のブルースクリーン”とデスクトップ画面(白黒写真)が、
演技悪く入れ替わり立ち替わり、まったく目覚めない。

実をいうと、先月ぐらいから「ことえり」とかのフォント系列に若干の異常が見られ、
AppleWorksが起動時に「フォントメニュー作成中」状態のまま永久に起動しない、
文字変換中にカラーのビーチボールが回りっぱなしになるなど、
静かに悩まされ続けてきてはいた。
しかし、こんな状況にまで至るとは、想像もしなかった。
また、なぜこの4月になってアクシデントが起こるのかが不思議でならない。

思えば去年も、4月29日のTiger発売日1週間前に、似たようなトラブルが発生した。
あのときは、ギアが回りもしない状態で起動しなかった。
だからエレパのお兄さんにターゲットモードを協力してもらって、
データを救出、外付けHDDに転送、新HDD搭載・再転送という風にして蘇った。
今年も同じくPRAMクリアもセーフモードもだめで手の打ちようがなかったので、
エレパ__と言いたいところだが、残念ながら京都にはない。
そこで、まだ期限が残ってたAppleCareコールセンターに電話。
40分ほどあーだこーだしていたが、どうもクリーンインストールしかないとのこと。
場合によっては、またHDD交換という話も・・・!
そんなわけで、昨日と今日の自由時間は潰れた。
「国家の品格」が読みたかったが、残念でならない。

 そして先ほど、Tigerのクリーンインストールが終了した。
どうも壊れたフォントファイルが”ガン細胞”になっている気配があったので、前回とは違い
HDDの方は無傷だろうと思っていたが、その通りだったのでなりよりだ。
もうあの面倒くさい”切開手術”と高いHDD費用は御免だ。
幸い、1週間前にバックアップを取ってあったのでだいぶ助かった。
若干、その間のデータが消失しただろうが、ここはこらえるしかあるまい。


b0004573_002155.jpg



ご覧の通り、真っ白いや、”真っ青”の再スタートとなった。
[PR]

by yume-no-izumi | 2006-04-25 00:20 | シングルライフ