OSXX

b0004573_1921761.jpg


本日で成人を迎えることとなった。
年金の手続きをしたぐらいで取り立てて変わったことは何もしていないが、
ふいに訪れる悲しみをも自分色に塗り替えられるほどの充実感が内面に満ちている。
それと同時に、果たしていち成人・いち社会人としてまともにやっていけるのか、
第三者からきちんとみなされるだろうか、という不安も生じる。
未成年ではない事の自覚がいつ欠落してしまうか分からないだけに、油断は出来ない。
誰しもが急に変化を遂げるわけではないことは分かっているものの、
やはり顔や振る舞いには自ずと表われるものだ。そう誤魔化しは効かない。
ゆえに未熟者としてあしらわれないよう、日々努めていきたい。
[PR]

by yume-no-izumi | 2007-09-03 21:04 | シングルライフ