「タバコによる健康障害」 眼科の資料から

タバコの毒性要素は、広く証明されており、日本人の三大死因(悪性新生物・脳血管疾患・心疾患)も、喫煙が影響していると言われていますが、意外に知られていないのが、タバコの煙の障害作用による眼疾患です。みなさんは、ご存知でしたか?

日本では、死にいたる病ばかり着目して話題となっていますが、白内障や加齢黄斑変性症のみならず、網膜虚血、虚血性視神経症、甲状腺眼疾患など多くの眼疾患が喫煙により加速されるのです。

加齢黄斑変性症は、喫煙との関連性が国内外の研究者から指摘されており、厚生労働省の研究でも、喫煙者が加齢黄斑変性症になる危険度は、非喫煙者の3倍にもなるというデータが出ています。

その他にも、日本の視覚障害(失明含む)原因のトップ5のうち、緑内障・糖尿病性網膜症も喫煙が血液の循環に影響を及ぼすことから、関連性が深いと言えます。

病気になってはじめて、タバコの毒性を認識したのでは遅すぎます。
本当にその1本が必要ですか?
[PR]

by yume-no-izumi | 2008-06-28 23:54 | シングルライフ