ぼくらのソニー




楽しみにしていた短波ラジオ、ICF-SW22(JE)が届きました。
手のひらサイズで、デジカメとほぼ同じ大きさです。
ボディカラーは例によってフロスト(マット)ブラック。
キャリングケースの革質もよい感じなので、
眺めているだけでも嬉しい気持ちになります。
最初の発売は10年以上前まで遡りますが、
しっかりとした作りで古さをまったく感じさせません。
かつてのクールなソニーがここに残っていました。
もちろんトランジスタが入っています。




さて、肝心の性能ですが、
FMとMidWave(中波/AM)はもちろん、
北朝鮮の日本語番組「朝鮮の声」や
北京放送局の日本語ニュースが受信できました。
付録のショートウェーブガイドを見ながら、
現在はBBCとVOAを探しては聴いています。
ラジオNIKKEIは夜間は放送を休止しているので、
また翌朝以降に確認してみますね。

また、いわゆるツーリストモデルなので、
75mバンド(3.625~4.275MHz)の受信はできません。
代わりに、41mバンド(6.875~7.525MHz)の受信が可能です。
スピーカーはモノラルですが、私はシンプルでよいと思います。
チューニングの際はキビキビと動作よく、
針は目的のところできっちり停止してくれます。
アナログならではの手応えを味わえる機械に
久々に出会えた気がします。

話は変わって海外(といっても近隣)の日本語放送ですが、
司会の方々の日本語が綺麗で正しく、深く感銘を受けました。
私も乱れの無い日本語を話したいので、
日常生活では注意して発声をするようにします。

[PR]

by yume-no-izumi | 2008-07-27 23:00 | ラジオライフ