<   2004年 12月 ( 61 )   > この月の画像一覧

大晦日です。

 今、紅白歌合戦を見ております。今年こそ、紅組が勝ってほしいなあー。
き、きしだんのリーダーが・・・。

<追記>
紅組が勝ちました。


あいかわらずvodafoneは、回線が空いてて送信が楽ですな。
これにて、2004年度最後の更新と致します。それでは、よいお年を。
[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-31 22:01

ドリームライフを演出する、HNM社の提供で…

 ええと、あれだ。今日から実家に帰るので、1週間程度ネットにつなげないので、Macからの更新はこれが今年最後になります。あとは、モブログで2・3回の投稿があると思いますが、一応ここで締めといたします。

 今年は、晩夏よりこのブログを立ち上げて色んな事を書いて参りましたが、現在記事数300、アクセス数が1000を超え、コメント・TBも少々と、スローペースながら一歩一歩着実に、1ブロガーとして歩み始める事が出来ました。これも、いつもここを閲覧しにきてくれる皆さんの支えのおかげであります。

 ”アップルとカービィを中心とした”と言いながらも、アニカビが既に終了して、ゲームの新作もないこの時期、ろくに絵も描けない・音楽も作れない奴がどうしたらよいか、という事を考えて、「まず今年度は、星とりんごの『黎明期』にしようじゃないか」と、幾分投げやりな方針を決定してはや数ヶ月。
 今では2つのジャンルの枠をかなり飛び越えて、筆者の独断と偏見で理屈っぽい投稿をし続けておりますが、来年度は待ちに待ったカービィの新作が2本も出て、アップルの方もかなり目立った大きな動きを見せると思われるので、どうぞ来年も、「星とりんご」と筆者の投稿に御期待下さい。それでは。

 
b0004573_9544895.jpg

[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-29 09:55

お前と手を組むのは、初めてだな。

 「MHS」最終回の時のセリフ。
この記事でも書きましたが、下の記事の「Office 2004」に同梱されるはずだったが、開発が遅れてしまい、ひと足出遅れた「Microsoft Virtual PC for Mac Version 7」が、去る10月8日(金)にようやく届きました。そして、ようやくこの原稿をupした筆者‥。
 これさえあれば、Macの中でWindowsを動かすことができるので、”一応”完全にPCが不必要になります!

b0004573_975145.jpg
b0004573_98252.jpg
b0004573_981429.jpg


 ただ、筆者のiBook G4では、スペックが必要システム条件 ほぼギリギリの800MHzなので、ダラダラとしか動いてくれません。メモリも、多めに見て、100MBほど余裕があるくらいだし。
 CPU速度が遅いのが、ノート型の宿命です。これでも実際の仕事量は、Pentium4に換算すると、2GHz 位は平気で出てるんですけどね。「Microsoft Virtual PC for Mac Version 7」(長いので、以下『VPC7』)内のWinでは、CPU速度は元のPentium換算値の約3分の2程度の働きになってしまうらしい。
 こうなると、CPUが高速な、デスクトップ型が必要だなあ。「iLife」も今まで以上に動かせるし、画面も余裕たっぷりに広くなる。 ああ、iMac G5(Power Mac G5でもいいですが。)が欲しいな〜ぁ。誰かプレゼントしてくれないものか。(ぉぃ)


 でもって、入っているCD3枚のうち2枚を使ってインストールし、もう1枚のCDものちほど使って、長い長い〜セットアップが、無事完了しました。さっそく、ぷよフィの体験版やSADXの体験版、友人が勧めているMS(マ社じゃないよ;)、等をインストールしてみました。今まで、Macでは「EXEファイル」が開けないので、悲しいことに、ずっと保留していました;
 そして、試しに実行してみると、ホントに動いたんで、そりゃもう、感動しましたよっ!

b0004573_982516.jpg
b0004573_99765.jpg
(何だか不思議な感じだ‥。)


 Win用IEで、サイトのレイアウトをチェックしたり、相手方のPCではどうなるか、というのを調べたりと、いろいろなご利益がありますが、なによりもMacの画面から、そのままWindowsの画面内へ、またその逆と、双方向でデータをやりとりできるのが、実用的で最高です!(昔は、できなかったらしいんです。)なので、起動の時点でかなり待たされるのにも関わらず、Officeよりは結構使っております。。
 まさに、”最強タッグ”ですね。リーナス氏には悪いですが;


 初めてGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェイス)という素晴らしいモノを取り入れたMacのポインタというものは、見やすい黒に白の縁取りなんですが、VPC7の画面ではWin機と同様、白に黒の縁取りとなるので、”これはいかん”と思い、Winのコンパネからポインタの色を変更してみました。
 「ポインタ色が反転した気分はどうかね、XP SP2 君?」(笑)

b0004573_984141.jpgb0004573_985514.jpg
[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-29 09:17

Office

 iBookと同時購入した「Microsoft Office:mac v.X」と、今年6月末に届いた、「Microsoft Office 2004 for Mac Professional Edition」です。「v.X」の”スマートアップグレードキャンペーン”を利用したので、「2004」への乗り換えは、ずいぶんお得に、1万円で済みました。ソフト自体の説明は、皆さんご存知のはずですので、特に必要ないでしょう。


b0004573_8333017.jpg
(左がv.X、右が2004)
b0004573_8334316.jpg
(左が2004、右がv.X)
b0004573_8335851.jpg
(これだ、これ。右のは‥。)


 しかし、思ったほど使っていないのが現状です。というのも、なかなかレポート作製の機会が無く、付属のアップル純正ソフトがあまりに手軽で高機能なので、普段は間に合ってしまうからだ。メールやスケジュールで使う「Entourage」も、「Mail」と「iCal」で済ませてしまう。ちなみに「AppleWorks」も、主にペイント・ドローで使用する。ただGIFで書きだせないのが難点だが、拡張子をあとから変更すれば問題ない。それでいて、Word・Excel・PowerPointの機能も兼ね備えている。さすが、元クラリスワークス。
 だがここにきて「Word」が、年賀状作成時に意外と役に立った。宛名印刷機能があったからだ。裏面も、AppleWorksのテンプレートからドラッグしてきたので、いい感じに仕上がった。おかげで、年賀状作成ソフトを購入せずに済んだのだ。

 で、純正ソフトでは特に、このサイトの下書きをはじめ、HTML・CSS・Javaタグ、ニュース記事・・・・などの保存まで、幅広く使っている「テキストエディット」は、ある意味恐い。あの、Winに付属の「メモ帳」なんかに、絶対(いや、もうすでに)戻れない。
 ほぼ、イイところ・よく使うところだけを凝縮した「Word + メモ帳」だ。保存しても、容量が軽い。なのに、普通に画像付きの文書をコピペして持って来れるだけでなく、標準テキストに一発変換できるという優れものだ。


b0004573_8404337.jpg
b0004573_8402519.jpg


 ・・・マ社にしては、なかなかジョークが効いてるじゃないですか。少し見直したぜい;
[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-29 08:57

未来でズッコケ、グルっとぼの〜 θ

 今回とは別の件でネッサをしていたら、日本アニメーションさんのサイトを発見。見ていたら、懐かしいものばかり。世界名作劇場を始めとして、近年名の知られているものばかり。ホント、いろいろなものを作ってきたんですねぇ〜。
 こんなのあったのかと、「ラスカルと世界名作劇場 fan club」にも入会しちゃいました。壁紙とグリーディングカードが嬉しいです。

 おお、「未来少年コナン」だ。宮崎駿監督に、アニカビの吉川惣司監督の脚本と、両監督の原点が ここにある。
 そうそう、余り知られてはいませんが、この作品で登場するレプカは、「天空の城ラピュタ」で”特務の青二才め!”などと言われながらも、”君のアホ面には心底うんざりさせられる”、”見ろ、人がゴミのようだ”、”目が、目がぁ〜!”等、数々の名言を残して最後はラピュタ崩壊とともに瓦礫と一緒に落下した、宮崎アニメの中でも唯一無二の悪役、あのムスカの子孫なのです。ということは、ラピュタの正統な王位継承者!? つーかムスカ、妻子いたのね・・。

More
[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-28 20:17

スターダストウイップー

 「スターフォックス アサルト」のロゴがカッコええっ! 久々の撃ちまくりまで、あと2か月を切った!

 モノマネはやっぱり面白いなあ。昨日出ていた、ペヨン潤さんのサイトを発見。おお、本人公式ですか?
 Uatadaさんのモノマネが、DSのCMの衣装で出てきたのには驚いた。でも、「触ってもいいですか?」とは言わずじまい・・。

 2004年7月号「周辺機器を買うなら〜」にて、ファミキューがMacで制作されているのは、すでに逃れられ無い事実だが、なんとニンドリ編集長のサオヘンさんが、iPod持ちのマカーだったとは!(来年には更新して消えてしまうでしょう。)
[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-28 18:24

# 空にー消えてーった 打ち上ーげ 花火〜 ♭

 ※この原稿を書き始めたのは、10月末です。これまで、筆者が持っている(おそらく)数少ないCDを紹介してきたのも、全てはこの為です。読むと長いですが、ちょっとだけ、時代の流れを感じる事が出来るかもしれません。
 そして、長年 筆者と音楽との間で起こっていたドラマが、いま明らかに。

More
[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-28 14:41

タマゴから飛び出した音楽

 ゲームは持っていないくせに、何故だか持っている「ジャイアントエッグ」のサントラ。ニンドリの付録で魅了されて、今春買ったのです。シールがにぎやかだ。ちなみにCCCD……。

b0004573_1311895.jpg


 相変わらず少しピックアップすると、テーマ曲の「CHANT THIS CHARM」は、朝にピッタリで自然と元気が湧いてきてルンルン♪な感じになります。「BANG! BANG! BIG HORNES EXPLOSION」は、次々とブラスがたたみかけてきて、マッドでビリビリします。「BILLY'S COURAGE」は、ラスボス最終形態の音楽なので風意気が違うのがいいです。
 あと、「CHANT THIS CHARM」の楽譜が付いているのが嬉しいです。
[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-28 13:16

保証は無いけど〜♪ ”そりゃそうじゃ。”

 下の記事の続きで、初期のポケモンアニメの音楽集です。(このCDの背面ラベルは、下の記事にあります。)アニメで普段よく聴く音楽は、ほとんど入っているかと。AGとなった今、一部聞けない音楽も;
 名場面集は、ただの歌詞カードと解説にはとどまらない出来です。アニメの音楽は、初代GB版のアレンジが多いので、自然と馴染めます。でも「涙、のち晴れ」は、オリジナルの中では好きだなぁ。

b0004573_18533297.jpg


 しまった、オマケのシールが見にくかったなぁ・・。
[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-27 18:12

誰かが 歌っていたけど〜♪

 1999年から2003年までのポケモン映画のCD群です。
いや〜っ、ポケモンの歌や曲って、昔のでも全然色あせませんねぇ〜〜。ホントに不思議です。

b0004573_1731058.jpg

b0004573_1732493.jpg



 なかなか選曲しづらいですが、しいてあげれば歌では、

「ライバル」、「はてしない世界」、「みんながいたから」、「toi et moi」、「OK! 2000」、「めざせポケモンマスター2001」、「めざせポケモンマスター2002」、「かくれんぼ」、「明日天気にしておくれ」、「Secret Garden」、「ひとりぼっちじゃない」、「小さきもの」、「ポルカ・オ・ドルカ」

 曲では、
「フルーラの笛」、「ミーのテーマ〜美しき街」、「飛行〜伝説へ」、「伝説(アルトマーレ)」「謎の少女(迷宮)」、「謎の少女、再び(迷宮)」、「カノン」、「出撃!」、「危険が去る」、「フライゴン登場」

 です。やっぱり、しいてあげるには限界がありました。多すぎ(^^;)
それより、映画のタイトル時の曲が、エンテイの時だけ無いのはどうしてだ??



 ついでに、オマケのポスターとシールです。
b0004573_1733644.jpg
b0004573_1735454.jpg
[PR]

by yume-no-izumi | 2004-12-27 17:08